ディナーのイメージ

麻布十番本店

2019年3月ディナー

四川伝統の「24の味付け」のほとんどが味わえる20種類以上のメニュー。漆器と陶器を使った古代中国王朝の宮廷料理を思わせるスタイル。日本の四季を反映した厳選食材と季節で変わるメニュー構成。麻布十番本店のディナーコースには、四川省成都を拠点とする松雲門派の正式な継承者である飄香のすべてが注ぎ込まれています。コースは3種類ございます。日本にいながら、本場でもなかなか味わえない究極の伝統四川料理をお楽しみください。

※価格表示はすべて税込表示になっています。

※当店では税込金額の10%をサービス料としていただいています。

※ご予約当日にキャンセルされた場合には、税込料金の100%を頂戴いたします。 

¥32,400のコース

※お二人様からご注文いただけます(前日まで要予約)

開席盤

醤酥桃仁

クルミの甜面醤(甘味噌)を用いた飴炊き。

怪味腰果

複雑なスパイシスのカシューナッツ。

腐乳

四川伝統の揚げ菓子と腐乳ソース。腐乳とは豆腐に麹をつけて塩水で発酵させた中国の伝統的な食品。

糖碗

雪蛤桃油羹

冬眠に入る前のアカガエル科の輸卵管近くの脂肪組織を乾燥したものと桃の樹脂の山楂風味の甘いスープ。古代皇帝一族が養生のため食したと言われている。

凉菜

鵝肝春巻

紅麹の腐乳に漬けたフォアグラを入れた四川式生春巻き。四川では野菜だけを入れた生春巻きが主流。

糟醉冬笋

四川式の甘酒に漬けた春筍。生ウニとともに。四川式の甘酒とはもち米を発酵させた調味料で醪糟と呼ばれる。

藤椒土鶏

おおいた冠地どりのさっぱり爽やかな野菜の青山椒の香りのソースがけ。

椒麻魚翅

フカヒレを高級スープと老酒で煮凝りして香り高い椒麻ソースをかけて。老酒漬けの自然薯とキャビアと共に。椒麻はねぎとしょうが、花椒を合わせた香味ソース。

玫塊牛肉

短角牛を塩漬けにして薄く切って揚げ、玫瑰シロップと玫瑰のお酒でほんのり甘く煮て特製ラー油で仕上げた四川名菜。玫瑰とはバラ科の植物で中国では花を乾燥させ香料にする。

象形鹹蛋

山芋とかぼちゃを使ってアヒルの塩卵のように見立てた一品。

夫妻肺片

四川伝統小吃。四川ではとても有名な前菜で、清朝末期に仲の良い夫妻が売っていた牛モツの冷菜が起源といわれる。小吃とは一品料理のこと。

芥末海蜇

クラゲを四川味付けのマスタードソース。春の香り、ウドを添えて。

香飃焼鴨

鴨のお腹にたっぷりの香味野菜とスパイスを詰め専用の窯で焼き上げた飄香ダック。西崎ファームの無農薬で放し飼い鴨を使用。

頭湯

鶏蒙魚翅

青ザメのフカヒレに地鶏のすり身をまとわせ、絹笠茸に射込み、蛤の旨味と高級澄ましスープを合わせた一品。

熱菜

涼粉海螺

黄色えんどう豆を練って固めた凉粉(リャンフェン)。重慶産の豆豉ソースでスパイシーに仕上げたサザエとともに。四川では軽食としても食される。

百花魚肚

肉厚の魚の浮袋を戻して車えびのすり身を合わせ、蒸し上げて干し貝柱のあんをかけた一品。

烟燻排骨

霧島黒豚のスペアリブを塩と醪糟(もち米を発酵させた四川風甘酒)で6日漬け込み、鹵水(香辛料のタレ)と十八種類の香り高いスパイスの香りで煮たのち再び燻製して揚げた一品。

炸板指

豚のテッポウを香辛料で煮た後、干して乾燥させ、中に葱を射込んで揚げた料理。外はカリっと中はジューシーに仕上げた。

家常海参

フカヒレのえんがわに当たる部分を戻し、短角牛の旨味を含ませて戻したスルメを自家製豆辧醤油でピリ辛に仕上げた料理。

蹄花鮑魚

干し鮑の最上級「吉品(キッピン)干鮑」を使用し、極上のスープで戻して豚足とモリーユ茸を合わせ濃厚なソースに仕上げた一品。

酸菜鮮魚

桜鯛を酸菜(四川天然乳酸発酵ピクルス)と桜鯛のアラを煮込んだ濃厚でいて爽やかな酸味のスープで仕上げた一品。サツマイモでんぷんの春雨を敷いて。

雪花青豆泥

フレッシュなグリーンピースを裏ごしし、ペースト状にして炒めた四川伝統料理。

老鷹茶

老四川を連想するお茶。シェフ井桁の修行時代(2000年頃)は小吃とともに提供されることが多かったが、近年みられなくなっている。13世紀の薬学書『本草綱目』に「咳を止め、痰を切り、喘息を鎮め、暑気あたりとのどの渇きに効果がある」と記述されるクスノキ科の茶葉を用いている。

中點

翡翠焼麥

春菊とホタテ・豚肉・自家製干し肉のシューマイ。皮は春菊を練り込み翡翠色に仕上げている。

牛肉麺

短角牛を柔らかく煮て、30分以上弱火で繊維をほぐしながらでんぷん状に炒めたスパイシー牛肉をのせた四川和え麺。

座湯

清心一口湯

宴席料理の最後に提供する心を鎮める一口スープ料理。季節野菜とミネラルウォーターだけでつくる。今季は芥し菜を使用。

甜點

葉児粑

黒糖餡のよもぎ餅。四川省でも蓬を練り込んだ餅を食す文化があり、豚肉餡も人気。

棗糕

棗(ナツメ)の産地で有名な新疆の哈蜜棗(大ナツメ)を裏ごした濃厚な棗風味のカステラ。

氷汁鬼芋

やわらかく練り上げてスライスしたこんにゃくのデザート。漢方で使われている苦味の強い杏仁種(北杏)と生アーモンドをすり合わせて作った杏仁茶とともに。こんにゃくは四川でもよく使われる食材で、昔からデザートとしても食されている。

餐後茶

竹叶青

四川省緑茶

¥16,200のコース

※お二人様からご注文いただけます(前日まで要予約)

開席盤

醤酥桃仁

クルミの甜面醤(甘味噌)を用いた飴炊き。

怪味腰果

複雑なスパイシスのカシューナッツ。

腐乳

四川伝統の揚げ菓子と腐乳ソース。腐乳とは豆腐に麹をつけて塩水で発酵させた中国の伝統的な食品。

糖碗

銀耳桃油羹

白きくらげと桃の樹脂の山楂(サンザシ)風味の甘いスープ。山楂はバラ科の植物。

凉菜

鵝肝春巻

紅麹の腐乳に漬けたフォアグラを入れた四川式生春巻き。四川では野菜だけを入れた生春巻きが主流。

糟醉冬笋

四川式の甘酒に漬けた春筍。生ウニとともに。四川式の甘酒とはもち米を発酵させた調味料で醪糟と呼ばれる。

藤椒土鶏

おおいた冠地どりのさっぱり爽やかな野菜の青山椒の香りのソースがけ。

椒麻魚翅

フカヒレを高級スープと老酒で煮凝りして香り高い椒麻ソースをかけて。老酒漬けの自然薯とキャビアと共に。椒麻はねぎとしょうが、花椒を合わせた香味ソース。

玫塊牛肉

短角牛を塩漬けにして薄く切って揚げ、玫瑰シロップと玫瑰のお酒でほんのり甘く煮て特製ラー油で仕上げた四川名菜。玫瑰とはバラ科の植物で中国では花を乾燥させ香料にする。

象形鹹蛋

山芋とかぼちゃを使ってアヒルの塩卵のように見立てた一品。

夫妻肺片

四川伝統小吃。四川ではとても有名な前菜で、清朝末期に仲の良い夫妻が売っていた牛モツの冷菜が起源といわれる。小吃とは一品料理のこと。

芥末海蜇

クラゲを四川味付けのマスタードソース。春の香り、ウドを添えて。

香飃焼鴨

鴨のお腹にたっぷりの香味野菜とスパイスを詰め専用の窯で焼き上げた飄香ダック。西崎ファームの無農薬で放し飼い鴨を使用。

頭湯

芙蓉蛤仁

四川伝統スープ。3段階に分けて丁寧にとった高級澄ましスープにホワイトアスパラガスの甘味を加え、さらに地蛤を酒蒸ししたエキスを卵白のみで寄せたもの。

熱菜

涼粉海螺

黄色えんどう豆を練って固めた凉粉(リャンフェン)。重慶産の豆豉ソースでスパイシーに仕上げたサザエとともに。四川では軽食としても食される。

琵琶大蝦

えびを楽器の琵琶の形に蒸しあげた四川名菜の一品。車えびのすり身に味のアクセントとしてカラスミを加え、スッポンのエンペラーと金華ハムで弦をつくり、干し貝柱の旨味たっぷりの餡をかけたもの。

烟燻排骨

霧島黒豚のスペアリブを塩と醪糟(もち米を発酵させた四川風甘酒)で6日漬け込み、鹵水(香辛料のタレ)と十八種類の香り高いスパイスの香りで煮たのち再び燻製して揚げた一品。

炸板指

豚のテッポウを香辛料で煮た後、干して乾燥させ、中に葱を射込んで揚げた料理。外はカリっと中はジューシーに仕上げた。

桂花蹄筋

北海道蝦夷鹿のアキレス腱を細く揚げた卵と白湯で煮込み烏骨鶏の塩漬け卵黄と併せたサマートリュフで香りづけした一品。

蹄花海参

海の干物(スルメ・干し牡蠣・干し貝柱・昆布)と豚スネ、鴨、鶏、金華ハムを使い、豚足とナマコを濃厚に煮込んだ料理。

酸菜鮮魚

桜鯛を酸菜(四川天然乳酸発酵ピクルス)と桜鯛のアラを煮込んだ濃厚でいて爽やかな酸味のスープで仕上げた一品。サツマイモでんぷんの春雨を敷いて。

雪花青豆泥

フレッシュなグリーンピースを裏ごしし、ペースト状にして炒めた四川伝統料理。

老鷹茶

老四川を連想するお茶。シェフ井桁の修行時代(2000年頃)は小吃とともに提供されることが多かったが、近年みられなくなっている。13世紀の薬学書『本草綱目』に「咳を止め、痰を切り、喘息を鎮め、暑気あたりとのどの渇きに効果がある」と記述されるクスノキ科の茶葉を用いている。

中點

翡翠焼麥

春菊とホタテ・豚肉・自家製干し肉のシューマイ。皮は春菊を練り込み翡翠色に仕上げている。

牛肉麺

短角牛を柔らかく煮て、30分以上弱火で繊維をほぐしながらでんぷん状に炒めたスパイシー牛肉をのせた四川和え麺。

座湯

清心一口湯

宴席料理の最後に提供する心を鎮める一口スープ料理。季節野菜とミネラルウォーターだけでつくる。今季は芥し菜を使用。

甜點

葉児粑

黒糖餡のよもぎ餅。四川省でも蓬を練り込んだ餅を食す文化があり、豚肉餡も人気。

棗糕

棗(ナツメ)の産地で有名な新疆の哈蜜棗(大ナツメ)を裏ごした濃厚な棗風味のカステラ。

氷汁鬼芋

やわらかく練り上げてスライスしたこんにゃくのデザート。漢方で使われている苦味の強い杏仁種(北杏)と生アーモンドをすり合わせて作った杏仁茶とともに。こんにゃくは四川でもよく使われる食材で、昔からデザートとしても食されている。

餐後茶

竹叶青

四川省緑茶。

¥12,960のコース

※お二人様からご注文いただけます(前日まで要予約)

開席盤

醤酥桃仁

クルミの甜面醤(甘味噌)を用いた飴炊き。

怪味腰果

複雑なスパイシスのカシューナッツ。

腐乳

四川伝統の揚げ菓子と腐乳ソース。腐乳とは豆腐に麹をつけて塩水で発酵させた中国の伝統的な食品。

糖碗

銀耳桃油羹

白きくらげと桃の樹脂の山楂(サンザシ)風味の甘いスープ。山楂はバラ科の植物。

凉菜

鵝肝春巻

紅麹の腐乳に漬けたフォアグラを入れた四川式生春巻き。四川では野菜だけを入れた生春巻きが主流。

糟醉冬笋

四川式の甘酒に漬けた春筍。生ウニとともに。四川式の甘酒とはもち米を発酵させた調味料で醪糟と呼ばれる。

藤椒土鶏

おおいた冠地どりのさっぱり爽やかな野菜の青山椒の香りのソースがけ。

椒麻魚翅

フカヒレを高級スープと老酒で煮凝りして香り高い椒麻ソースをかけて。老酒漬けの自然薯とキャビアと共に。椒麻はねぎとしょうが、花椒を合わせた香味ソース。

玫塊牛肉

短角牛を塩漬けにして薄く切って揚げ、玫瑰シロップと玫瑰のお酒でほんのり甘く煮て特製ラー油で仕上げた四川名菜。玫瑰とはバラ科の植物で中国では花を乾燥させ香料にする。

象形鹹蛋

山芋とかぼちゃを使ってアヒルの塩卵のように見立てた一品。

夫妻肺片

四川伝統小吃。四川ではとても有名な前菜で、清朝末期に仲の良い夫妻が売っていた牛モツの冷菜が起源といわれる。小吃とは一品料理のこと。

芥末海蜇

クラゲを四川味付けのマスタードソース。春の香り、ウドを添えて。

頭湯

芙蓉蛤仁

四川伝統スープ。3段階に分けて丁寧にとった高級澄ましスープにホワイトアスパラガスの甘味を加え、さらに地蛤を酒蒸ししたエキスを卵白のみで寄せたもの。

熱菜

涼粉海螺

黄色えんどう豆を練って固めた凉粉(リャンフェン)。重慶産の豆豉ソースでスパイシーに仕上げたサザエとともに。四川では軽食としても食される。

琵琶大蝦

えびを楽器の琵琶の形に蒸しあげた四川名菜の一品。車えびのすり身に味のアクセントとしてカラスミを加え、スッポンのエンペラーと金華ハムで弦をつくり、干し貝柱の旨味たっぷりの餡をかけたもの。

樟茶鴨子

四川ダックと言われるスモークダックに生姜のピクルスとキンモクセイのジャムを合わせたソースを添えて。本来は蒸してから揚げて仕上げるが、飄香ではジャスミン茶とローリエで燻して専用の釜を使い艶やかに焼き上げる。

海味什錦

豚肉・ガツ・アキレス腱・豚足や海の干物をたっぷり使用して風味よく仕上げた一品。

酸菜鮮魚

桜鯛を酸菜と桜鯛のアラを煮込んだ濃厚でいて爽やかな酸味のスープで仕上げた一品。サツマイモでんぷんの春雨を敷いて。酸菜は四川天然乳酸発酵ピクルスのこと。

雪花青豆泥

フレッシュなグリーンピースを裏ごしし、ペースト状にして炒めた四川伝統料理。

老鷹茶

老四川を連想するお茶。シェフ井桁の修行時代(2000年頃)は小吃とともに提供されることが多かったが、近年みられなくなっている。13世紀の薬学書『本草綱目』に「咳を止め、痰を切り、喘息を鎮め、暑気あたりとのどの渇きに効果がある」と記述されるクスノキ科の茶葉を用いている。

中點

翡翠焼麥

春菊とホタテ・豚肉・自家製干し肉のシューマイ。皮は春菊を練り込み翡翠色に仕上げている。

擔擔麺

1841年四川省自貢出身の陳包包が成都で天秤桶を担いで売り歩いた麺料理。本場の担担麺の味を追求して辿り着いた逸品。

座湯

清心一口湯

宴席料理の最後に提供する心を鎮める一口スープ料理。季節野菜とミネラルウォーターだけでつくる。今季は芥し菜を使用。

甜點

葉児粑

黒糖餡のよもぎ餅。四川省でも蓬を練り込んだ餅を食す文化があり、豚肉餡も人気。

棗糕

棗(ナツメ)の産地で有名な新疆の哈蜜棗(大ナツメ)を裏ごした濃厚な棗風味のカステラ。

氷汁鬼芋

やわらかく練り上げてスライスしたこんにゃくのデザート。漢方で使われている苦味の強い杏仁種(北杏)と生アーモンドをすり合わせて作った杏仁茶とともに。こんにゃくは四川でもよく使われる食材で、昔からデザートとしても食されている。

餐後茶

竹叶青

四川省緑茶。

過去のメニュー

    2019年:
    3月
    2019%e5%b9%b4%e3%80%806%e6%9c%88%e3%80%80%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc年:

麻布十番本店

  • 東京都港区麻布十番1-3-8 Fプラザ B1F
  • ランチ  11:30 ~ 15:00 (L.O. 14:00)
  • ディナー 18:00 ~ 23:00 (L.O. 21:30)
  • 定休日  月曜日、第1・3火曜日

こんなの食べたことがない!

飄香を訪れたお客様がよく口にする言葉です。
赤くて辛いのが四川料理という日本人にとっては
万華鏡のように多彩な味と香りの伝統四川料理は
まさに未知の美味体験となることでしょう。
ではなぜ、飄香は伝統四川料理を再現できるのか。
その秘密は「飄香の魅力」をご覧ください。