家庭でできる本格四川料理
本場の味のレシピを井桁直々に伝授
日本の家庭でも本物に近い味を再現します
カテゴリ:

ゴーヤ入り回鍋肉

材料

にんじん大1本(250g)
豚バラ かたまり肉150g
春菊1/6わ
サラダ油適量
[A]長ネギ1本(青い部分のみ)
[A]しょうが1片
[B]豆板醤小さじ1と1/2
[B]豆鼓(トウチ)小さじ1と1/2
[B]にんにく(みじん切り)1片
[B]豆板醤小さじ1/2

作り方

ここには作り方の説明部が入ります。以下例です。まずは、米を研いで1時間ほど浸水させておきます。[ホームバーベキュー]にフラットプレートをセットして、ツマミを3(強火)にし、軽く水気をきった米、八角、桂皮、花椒、陳皮を広げて煎っていきます。香辛料は、細かくすると焦げやすくなるので、ここでは大きいまま煎ります。へらでまんべんなく混ぜながら、米がうっすら黄色く色づいたら火を止めて、別の容器に移して、粗熱を取っておきます。

写真が2枚ある場合のレイアウトです。写真が2枚ある場合のレイアウトです写真が2枚ある場合のレイアウトです。写真が2枚ある場合のレイアウトです。写真が2枚ある場合のレイアウトです。写真が2枚ある場合のレイアウトです。写真が2枚ある場合のレイアウトです。写真が2枚ある場合のレイアウトです。

料理のポイント

シェフ井桁良樹のイメージ
中国菜老四川 飄香 麻布十番本店 シェフ

井桁 良樹 より一言

ここにはシェフから、作り方のポイントやメッセージなどの一言が入ります。米粉やスパイス、甘酒などをブレンドした調味ダレがひと手間かかりますが、これを鶏手羽元にをからめることで、鶏肉をやわらかく、しっとり仕上げることができます。今回は、夏に合わせてカレー粉をプラスしました。米粉の調味ダレは、豚肉、牛肉にも合うので、ぜひ試してみてください。

日本人が知らない本場成都の伝統四川料理を体験しませんか?

伝統四川料理を今に伝える成都・松雲門派の正統な継承者であるシェフ井桁良樹が日本人が知らない本当の四川料理を提供します。この記事を見て飄香に興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

関連記事

以下の記事も合わせてご覧ください

最高のレシピのイメージ

最高のレシピに関する説明文はこちらになります。最高のレシピに関する説明文はこちらになります。

テストのレシピのイメージ

テストのレシピに関する説明文です。テストのレシピに関する説明文です。テストのレシピに関する説明文です。