ディナーのイメージ

六本木ヒルズ店

2019年3月ディナー

飄香の名物料理から季節の食材を使ったシェフ自慢の一品まで。厳選された飄香おすすめメニューが一度に味わえるお得で贅沢なディナーコースです。ご家族とのお食事やお仕事仲間との会食にもご利用いただけます。成都で古くから受け継がれている飄香自慢の伝統四川料理を存分にお楽しみください。

※価格表示はすべて税込表示になっています。

※当店ではランチセット、ランチコース以外のメニューに税込金額の10%をサービス料としていただいています。

※ご予約当日にキャンセルされた場合には、税込料金の100%を頂戴いたします。

正餐 ディナーコース ¥10,800

竹韻冷菜九味盆(特製前菜九種)

飄香小院特製お楽しみ前菜九種。

鶏豆花(四川伝統スープ)

“吃鶏不見鶏(鶏肉を食べても鶏は見えない)“と言われる四川伝統スープ。ホワイトアスパラとハマグリ入りおおいた冠地どりのすり身のふわふわをのせて。

宮保扇貝(帆立とピーナツの焦がし唐辛子甘酢炒め)

鼻をくすぐる香ばしく炒めた唐辛子と花椒を用いて帆立を煽り、黒酢の切れのある甘酢の風味を加えた一品。

海味肘子(豚スネ肉とフカヒレの魚介出汁トロトロ煮込み)

海の干物をたっぷり使用して風味よくトロトロに煮込んだ豚ネス肉とフカヒレの料理。

鶏皮蓮白(鶏皮と春キャベツの腐乳炒め)

プリプリの鶏皮と春キャベツを腐乳(豆腐に麹をつけて水中で発酵させた)のコクと塩気で炒めた一品。

魔芋焼牛肉(岩手短角牛と自家製コンニャクのスパイス煮込み)

岩手短角牛と自家製コンニャクを18種類のスパイスでじっくり煮込んだ一品。

雪花青豆泥(マッシュグリンピースの炒め)

フレッシュなグリーンピースを裏ごししペースト状にして炒めた四川伝統料理。

擔擔麺(担担麺)

本場の担担麺の味を追求して辿り着いた逸品。1841年四川省自貢出身の陳包包が成都で天秤桶を担いで売り歩いたという麺料理。

即日甜品 餐后茶(本日のデザートと中国茶)

さっぱりいただける本日のデザート。食後に落ちつく本日のお茶をそえて。

過去のメニュー

    2019年:
    3月
    2019%e5%b9%b406%e6%9c%88%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc年:

六本木ヒルズ店

  • 東京都港区六本木6丁目10-1
    六本木ヒルズ森タワーウェストウォーク 5F
  • ランチ  11:00 ~ 15:00 (L.O. 14:30)
  • ディナー 17:00 ~ 23:00 (L.O. 21:30)
  • 定休日  なし

こんなの食べたことがない!

飄香を訪れたお客様がよく口にする言葉です。
赤くて辛いのが四川料理という日本人にとっては
万華鏡のように多彩な味と香りの伝統四川料理は
まさに未知の美味体験となることでしょう。
ではなぜ、飄香は伝統四川料理を再現できるのか。
その秘密は「飄香の魅力」をご覧ください。