四川料理大辞典
中国4千年の歴史を受け継ぐ
正統派四川料理の魅力

緑色の平べったい四川式春雨

日本で春雨といえば、緑豆(リョクトウ)やジャガイモのデンプンを原料とするもの一般的ですが、四川料理ではサツマイモのデンプンがよく使われます。また、春雨といえば細い麺を想像しますが、薄く板状に切った「板春雨」も中国ではよく使われます。

「梓潼片粉」はいわば四川式の板春雨料理で、成都に次ぐ四川第2の都市・綿陽市梓潼県の郷土料理です。梓潼県では路上の屋台で軽食としても売られています。

この独特の緑色の正体は韮(ニラ)で、韮などの野菜の搾り汁で色と風味づけをしたものです。味付けとして、麻辣味のソースが使われています。日本式の春雨とはまた違った食感、味わいで、「これも春雨なの?」と四川料理ならではの驚きが感じられる一品といえるでしょう。

日本人が知らない本場成都の伝統四川料理を体験しませんか?

伝統四川料理を今に伝える成都・松雲門派の正統な継承者であるシェフ井桁良樹が日本人が知らない本当の四川料理を提供します。この記事を見て飄香に興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

関連記事

以下の記事も合わせてご覧ください

あっさりふわふわの豆腐料理『干貝腐淖(ガンベイフゥナオ)』のイメージ

伝統四川料理の宴席では、塩味で素材の旨味を引き出したシンプルな料理が多くあります。今回はあっさり豆腐料理の『干貝腐淖(ガンベイフゥナオ)』をご紹介します。

美しい羽根を思わせる人参料理のイメージ

鶏の美しい羽根に例えられるほど、細く均一にカットされた人参料理。シャキシャキ食感が決め手の精進料理をヒントに生まれた『野鶏紅(イエジィホン)』をご紹介します。

世界三大美女 楊貴妃が愛した手羽先煮込みのイメージ

皇帝の寵愛を受けた楊貴妃。その美貌は牡丹の花に例えられるほど。今回はそんな美しい楊貴妃が愛した『貴妃鶏翅(グイフェイジィチィ 手羽先煮込み』をご紹介します。

麻婆豆腐より熊掌豆腐(シォンジャンドウフ)のイメージ

四川の家庭料理『熊掌豆腐(シォンジャンドウフ)』熊の手とは?料理名の由来を一説とともにご紹介します。