四川料理大辞典
中国4千年の歴史を受け継ぐ
正統派四川料理の魅力

成都の発展から生まれた逸品

1940年代の四川省では3度目の移民政策が行われ、省都・成都の経済は、歴史上最大の発展を遂げました。それは、料理も例外ではありませんでした。成都へと移り住んだ公館の主人により、中国四大料理の有名料理人が呼び寄せられ、四川料理は大きく躍進したのです。

当時発展した料理の多くは、文化人や公館の主人の創意によって作られたとされていますが、「参杞醪糟紅焼肉」もその1つ。この料理は、豚の角煮を「醪糟(四川の甘酒)」と一緒に入れて、さらに多めの氷砂糖と高麗人参とクコの実を加え、甘めに仕上げたものです。

日本人にとって四川料理といえば、香辛料をふんだんに使った辛い料理というイメージがありますが、実は、砂糖を多く使った甘めの料理も多く存在します。例えば、豚スネ肉を氷砂糖で煮た「冰糖肘子」や、豚バラ肉をサクランボに見立て甘く煮込んだ「桜桃肉」などはその一つです。これらは主に宴会料理で出されています。

甘い四川料理を食べると、一筋縄ではいかないその奥深さを窺い知ることができるでしょう。

日本人が知らない本場成都の伝統四川料理を体験しませんか?

伝統四川料理を今に伝える成都・松雲門派の正統な継承者であるシェフ井桁良樹が日本人が知らない本当の四川料理を提供します。この記事を見て飄香に興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

関連記事

以下の記事も合わせてご覧ください

あっさりふわふわの豆腐料理『干貝腐淖(ガンベイフゥナオ)』のイメージ

伝統四川料理の宴席では、塩味で素材の旨味を引き出したシンプルな料理が多くあります。今回はあっさり豆腐料理の『干貝腐淖(ガンベイフゥナオ)』をご紹介します。

美しい羽根を思わせる人参料理のイメージ

鶏の美しい羽根に例えられるほど、細く均一にカットされた人参料理。シャキシャキ食感が決め手の精進料理をヒントに生まれた『野鶏紅(イエジィホン)』をご紹介します。

世界三大美女 楊貴妃が愛した手羽先煮込みのイメージ

皇帝の寵愛を受けた楊貴妃。その美貌は牡丹の花に例えられるほど。今回はそんな美しい楊貴妃が愛した『貴妃鶏翅(グイフェイジィチィ 手羽先煮込み』をご紹介します。

麻婆豆腐より熊掌豆腐(シォンジャンドウフ)のイメージ

四川の家庭料理『熊掌豆腐(シォンジャンドウフ)』熊の手とは?料理名の由来を一説とともにご紹介します。